エーエーワークスは動物病院設計・施工のスペシャリストチームです
動物病院の開業、リニューアルをお考えの先生方のお手伝いを致します
動物病院医院建築新築リフォーム無料プランニング・見積 動物病院マーケティング 動物病院工事設計監理
動物病院工事費 動物病院建築設計実例ギャラリー
M動物病院
お問合わせ窓口
ホーム
■ 無料見積り致します
 ◆
無料プランニング
概算見積サービス

(ストップ中)
■ マーケティング
コンサルティング
新規客獲得
リピーターの大切さ
■ 工事・設計・監理
設計デザイン業務
施工・工事監理業務
■ 工事費について
低価格工事を
実現する為の
5つのポイント
テナント工事費
新築工事費
■ 完成までの流れ
テナントの場合
新築工事の場合
■ ギャラリー
新築病院
テナント病院
増改築ビフォアアフター
計画プラン集
■ その他
FAQよくある質問
必要な医療機器
家具製作
会社概要
個人情報保護について
リンク
関連企業、メーカー様へ

M動物病院

2001年8月移転オープン

M動物病院は兵庫県のベッドタウンの住宅街にあります。

M動物病院の院長と私たちの出会いは、長谷川明弘建築設計事務所のホームページをご覧になられて、新しい動物病院を建てたいという希望をもたれ、インターネットを通じて事務所に問い合わせをしてこられました。

内容としては、現在の動物病院が手狭になり、お向かいの敷地を購入。その敷地に住居兼病院をご計画とのことでした。院長先生の新しい動物病院に対する希望のイメージは、オシャレで従来の動物病院でないものでした。

動物病院の設計は、長谷川明弘建築設計事務所としては、その時が始めてだったので、当時、色々と動物病院を調べてまわったのですが、多くは住宅街の中で院長の住宅をそれなりに改造して看板だけ掲げているものであったり、ハウスメーカー仕様のような住宅に看板がついているようなものがほとんどでした。それ以外の幹線沿い等に独立して建っているケースでも、とちらかといえば人が掛かる医院のイメージに近いもがほとんどで、人が掛かる病院と動物病院のイメージが重なるということに対して私個人としては少し引っ掛かるところがあり、動物病院のイメージについていろいろ考えました。

結論的に言うと、通常の病院との違いは、患者(ペット)に選択権がなく付き添いの健常者(飼い主)が病院を選ぶという大きな違いがあるということでした。このような考えから、動物病院は飼い主にとって快適で居心地の良い空間が第一に望まれるのではないかと考えました。もちろんペットが居心地が良いのも大切です。

そして、まず第1に院長先生とのコミュニケーションで、様々な問題点や希望事項をうかがいました。そして与条件を整理して可能なこと、不可能なことを検討したうえで、「現在」そして「これから」についての提案をさせていただき、設計にかかりました。

設計としては動物病院が抱える諸問題(接客サービス・臭気・鳴声への対策・設備など)に対応し、さらに病院と住まいのバランス、活動しやすさなど、空間造りを先生と一緒に考えながら提案しています。

先生の御要望に住宅部分のプライバシーの確保がありました。明るくしたいがプライバシーの確保もしっかりしたい…。
 この相反する要望にお答えするために2階のルーフテラスに目隠し壁を使い、中庭のような空間を計画しました。バーベキューなどを楽しみながらも、外からの視線は遮断。室内に対しても大きな窓を確保することで、とても明るい空間を演出しています。また道路に面する窓には目隠しを室内側に取り付け、夜間に内部からの明かりをもらさない等、様々な工夫を懲らしました。

現在竣工して、熱心で優秀な院長先生の評判ともあいまって、その地域では噂の動物病院になっています。たまにブティックかなんかと間違われて入ってこられるお客様がおられるのでと少し困った面もありますが・・・・・・(笑)

ファサード(正面)です。北向きでの素人写真なので、ちょっと暗く感じますが、実際は明るく爽やかなシンプルモダンなデザインになっています。
サインは、専属のデザイナーに依頼して、何種類ものロゴを作成し、その中から院長先生が選んだものでサインデザインをしました。
建物の正面にある、設備の機器を隠すためにデザインされた塀を設置しました。
待合室から見た、受付です。家具類は全てシンプルにグレーでまとめました。
待合室です、工事中の写真しかありませんでした。
待合室のベンチには床暖房が入っています。寒い冬は飼い主さんに大好評です。
受付カウンター(左)、薬局(右)です。たっぷり収納できますね。
先生の所有される大量の資料を納めるために本棚は沢山作りました。
処置室です。まだ医療機器が入っていない状況です.左側に診察室、奥がレントゲン室です。
処置室です.左奥が手術室です。右側が、診察室です。
処置室から2つの診察室の入り口を見た所です。床材はアームストロングです。
レントゲン室です。奥のドアの向こうに暗室があります。
手術室(左)、入院室(右)です。医療機器、ケージ等がまだ設置させていない状況です。
入院室のシンクです、横に洗濯機を置く予定です。

 

動物病院設計のスペシャリスト、動物病院の開業やリニューアルを建築のプロフェッショナルが完全サポート!!

ah-architectは動物病院設計・施工のスペシャリストチームです
動物病院の開業、リニューアルをお考えの先生方のお手伝いを致します


〒657-0024 神戸市灘区楠丘町1-2-3-20A
運営事務局 有限会社 AA works
TEL (078) 851-3565


Copyright 2006. AA works Allrights reserved